ギター&ベースの修理・改造などの経験に基づく情報を公開するサイトです


お気に入りに追加| 画像掲示板| お問合せ| リンク| HOME|

フレット交換(ギブソン ES-175)

DVC00158.jpg(15780 byte) 今回はギブソンES-175のフレット交換です。良く弾きこまれフレット、指板は磨耗しています。
DVC00159.jpg(15680 byte) ナットは交換されているようですがプラスチックナットで取り付けが変。ネックのナット溝は削り落とされてしまっています。
DVC00160.jpg(15763 byte) ハイフレットも良く弾きこまれています。
DVC00161.jpg(12855 byte) かなり古い。
DVC00162.jpg(15756 byte) ピックアップ、ピックガードは外して作業します。
DVC00163.jpg(15898 byte) ナットを外しフレットをバコバコ、というか慎重に抜いていきます。以前リフレットされた形跡があります、
DVC00164.jpg(14603 byte) 軽く指板調整。
DVC00165.jpg(16366 byte) フレット溝内は瞬間接着剤で埋め尽くされています。このままではフレットが打てないため鋸で溝の調整。
DVC00166.jpg(14080 byte) ナット接着面は瞬間接着剤がベッタリでこのままではナットが浮いてしまします。ナット接着面に付着した接着剤を丁寧に落とします。 綺麗にしナットを置くとヘッドトップの黒い部分がナットまで届かなくなってしまったのでナットとヘッドトップの間の塗装を軽く修正。
DVC00167.jpg(16578 byte) 弦高は低めと指定されていますのでナットは限界まで低くします。
DVC00168.jpg(22744 byte) 完成。ビビリチェック等念入りにします。古いギターもフレットを新しくすると音のツヤが良くなります。がコレクターの人にとってはとんでもない話かも。