ギター&ベースの修理・改造などの経験に基づく情報を公開するサイトです


お気に入りに追加| 画像掲示板| お問合せ| リンク| HOME|

ピックガード製作

 ピックガード、裏パネなどは全て糸鋸、ボール盤とヤスリを使い作成します。古いフェンダーなどで見られるピックガ ードが極端に変形や縮みがある場合はボディーから穴位置を拾ったりブリッジやネックの隙間を確認しながら微調整し ます。新しい物ですと元々のピックガードからトレースして作成します。ピックガード交換は主にピックアップのレイ アウトを変えるなどの目的と、元の色や材質と違う物と交換し、ギターのイメージチェンジを図る目的とに分かれます 。よく汎用パーツとしてピックガードが売られていますが、自分のギターにビス穴の位置や形状がピッタリ合うことは 少ないです。ビス穴の位置が合わない場合、別の場所にビス穴を明けて取り付け、穴だらけになってしまったりとか、 微妙にずれている場合はビスが斜めになってしまったりピックガードが浮いてしまったりします。やはりぴったりとギ ターにあったピックガードを作成しましょう。

 ピックアップのレイアウトを変更する場合はボディーのザグリが必要になる場合もあります。例えばシングルからハム バッカーに変更したい時などはボディーをハムバッカーの入るサイズに加工します。ボリューム、トーンなどコント ロールのレイアウトを変更する場合も場所によってはザグリ加工が必要になります。

 個人的な意見になりますが、ストラトキャスターのようなアッセンブリ付きの大型ピックガードはあまり好きではあ りません。生産性は良いのですがボディーも大きくザグリを入れなくてはいけなかったり楽器の完成度としてはどう かな?と感じます。個人所有のギターは殆どピックガードレスのマイク直付けですが劇的に鳴りが良くなるかと問われ るとそうとも言い切れません。でもフォークギターのトップ板にピックガードをビス止めしたりしませんよね?時間が ある時にでもいろいろテストしてみたいです。あくまでも個人的な意見ですが・・・・