ギター&ベースの修理・改造などの経験に基づく情報を公開するサイトです


お気に入りに追加| 画像掲示板| お問合せ| リンク| HOME|

ナット交換、調整

作業手順

 ナットに塗装がかかっているギターは塗装を剥がす所から始めます。カッターで塗装表面に傷を付け、塗装にヒビが入らないようにします。 ナットの外し方ですが、フェンダー系とギブソン系では方法が異なります。ギブソン系のナットはブリッジ側からハンマーで叩きますが フェンダー系はこれをやると木が一緒に剥がれてしまうので横から滑り出すようにナットをはずします。  ナット取り付けですが、まず外したナットナットの大きさに合わせ材料の幅と厚みを調整します。本体に接着後、ナット上面を成型し溝を 掘ります。

 溝の掘り方ですが、弦の間隔を均等にする方法と弦のピッチを均等にする方法があります。見た目は弦の間隔を均等にした方がきれいに見えますが 私は弦のピッチを均等にする方法をとっています。多弦ベースなどでピッチを均等にすると目の錯覚でロー弦側がピッチが狭く見える場合がありま すが、プレイヤビリティを考えピッチを均等にしています。

ナットの高さはフレットより若干高い程度でいわゆる激低ナットにします。溝が磨耗によりフレットより低くなってビビるようになったら交換します。

 ゼロフレットが付いているギターは調整が難しくなります。ゼロフレットがあるギターに付くナットの高さは 高すぎるとゼロフレットに弦が当たらなかったりびびりが起きたりします。低すぎると弦ピッチがおかしくなったり ナットからペグの間がびびり変な不協和音が発生したりします。あまり関係なさそうですが弦のテンションが掛かって いる間の共鳴は全てナットからブリッジ間の弦の振動に影響します。ナットとフレットに同じ位のテンションが掛かっ ているのが理想的です。普通ナットで弦に角度が付きますがある程度角度が付いていないと変な和音が出ます。 ストラトは1,2弦側に角度を付ける為ストリングガイドが付いています。ゼロフレットの付いたギターはフレットと ナットでこのテンションが半減してしまう為あまり良い構造とは言えません。ロックナットはナットでナットからペグ の間を完全に遮断してしまうので全く関係が無くなってしまいます。

ナットの種類
象牙 牛骨 ブラス カーボン
nut1.gif(15304 byte) nut2.gif(17055 byte) nut3.gif(21094 byte) nut4.gif(19081 byte)
使ったことがないです・・・。 山梨のフリマでたまたま見つけ衝動買いしてしまったので今度試してみます。 最もスタンダードな素材です。たいがいのメーカーで使われていますが、最近はギブソンも樹脂製に変わってきています。オイルに漬けることもあります。 硬いキンキンな感じの音が好きな人にはお勧めです。材質の都合上付けたての時は綺麗ですがだんだん黒くなっていきますのでたまには磨きましょう。 最近あまり使わない樹脂の塊の物と本カーボンで繊維の模様が入っている物があります。軽さはダントツでしょう。写真は本カーボン。

樹脂系整形ナットは国内、外のメーカー最近のスタンダードになりつつあります。ナットの中身が空洞になっていたりします。コストダウンのためか?音質的なメリットは無いような気がしますが・・・・